今話題のParavi(パラビ)の詳しい記事はこちら

【バスケ日本代表】FIBAワールドカップアジア地区予選のライブ中継(ネット)を見る方法

バスケ日本代表男子Bリーグのワールドカップアジア予選1次リーグ突破おめでとうございます。

1次予選敗退かと思いきや、オーストラリア戦で激戦の末勝利を手にしてチャイニーズタイペイにも圧勝した日本代表。

しかも内容も非常に良かった。

直近のFIBAアジア地区予選(window5)

  • アジア地区予選11月30日 日本VSカタール
  • アジア地区予選12月3日 日本VSカザフスタン

アジア地区予選についてですが、この2戦が国内で見れるラストゲームになります。

2次リーグでは、八村塁選手はNCAAのシーズン中ともあり今回の選考では選ばれませんでした。

このバスケット日本代表のネット中継が見れるのがDAZNとなります。

今回は、バスケットライブでは試合が見れませんので、注意してください。

Yahoo!プレミアムの特典の一つとなります。

日本のバスケ好きであれば、登録した方がいい。

個人的には、もっと日本バスケ界を知ってもらいたい気持ちでいっぱいです。

おすすめポイント
  • Bリーグの全試合動画とハイライトが見れる
  • ワールドカップ予選のネットで解説・実況付きはバスケットLive(ライブ)だけ
  • 月額500円で多彩なサービス
  • 特典利用すれば月額以上に得する場合も

バスケ日本代表の試合の見逃し配信やインタビュー動画や特集など、これから応援したい人やわからない人にも親切な解説付きです。

以前放送していたスポナビライブもそうですが、回線も非常に良好で見やすい。

元々スポナビライブが運営しているのを受け継ぐ形で、ソフトバンクが『バスケットLive(ライブ)』を運営するのでスポナビライブのように見やすい

他にも正直にいって、バスケが好きな人にとってかなりうれしいサービスとなっています。

2018年11月30日、12月3日の日本代表戦については、バスケットライブでは放送していません。

OFFICIAL SITE

バスケットLive(ライブ)の詳細はこちら

また、日本代表戦については、DAZNでもネット中継しています。

DAZNはスポーツ中継に最も強い動画配信サービスです。

無料体験できますし、バスケ以外も見たい人にはDAZNの方がおすすめです。

今回の2018年11月30日、12月3日の日本代表戦はDAZNで見れます。

OFFICIAL SITE

DAZNの詳細はこちら

バスケ日本代表のライブ(ネット中継)を見るならバスケットライブ・DAZN

バスケ日本代表の試合はDAZNとバスケットライブ
  • ライブ中継(リアルタイム放送)をしている
  • 見逃し配信がある
  • 回線良好でカクつきが少ない
  • 見どころだけ集めたハイライトが見れる
  • 日本代表戦だけじゃなく日本バスケファンにうれしいライブ中継内容

Yahoo!プレミアムのバスケットLive(ライブ)では、日本代表戦だけでなく『Bリーグのライブ中継』や『ウィンターカップの放送』もする予定なんです。

また、U-15世代のバスケもライブ中継で配信予定なんてすごい。

バスケットLive(ライブ)は、日本バスケに最も力を入れているサービスであるといえます

OFFICIAL SITE

バスケットLive(ライブ)はこちら

バスケット以外のスポーツ中継については、DAZN。

日本代表戦についても11月時点ではネット中継されていました。

無料体験中の退会は料金はかかりません。なので、無料でも見ることが可能ですよ。

OFFICIAL SITE

DAZNの無料体験はこちら

バスケ日本代表戦を無料でみるには

日本代表戦を無料で見るにはDAZN

Yahoo!プレミアムでは、無料体験をしていません。

DAZNでは、無料体験をしています。DAZNでは、無料体験を利用すれば無料でも見れますよ。

※2018年11月30日カタール戦。2018年12月3日カザフスタン戦について放送決定

DAZNでは、Bリーグの全試合中継もしています。

バスケット以外のスポーツ中継も楽しみたいのであれば、DAZN一択。

11月30日カタール戦と12月3日のカザフスタン戦はDAZNでしか配信していません。

OFFICIAL SITE

DAZNの無料体験はこちら

日本代表戦のライブ中継を見れるのはバスケットLive(ライブ)とDAZN

日本代表戦のライブ中継を見るならバスケットLive(ライブ)

日本代表の試合をネットで実況解説つきで見れるのは、Yahoo!プレミアムとDAZNです。

また、DAZNでも同内容のBリーグのネット中継と日本代表戦も見ることができます。

ただ、バスケットの試合のネット中継の多さについてはバスケットライブの方が多いです。

他のスポーツの中継も見たいのであれば、DAZNがいいでしょう。

DAZNの評判と口コミは悪いのか?無料体験して分かった本当のこと

しかも、登録は非常に簡単。特典も非常に充実している。ポイントなど考慮したら登録しないと損。

バスケットLive(ライブ)では日本代表戦をネット中継で配信予定

今回の日本代表のFIBAワールドカップアジア地区予選の動画中継は地上波でリアルタイム放送しているところはありません

CS放送では、生中継はあるのですが料金がかかってしまいます。

Bリーグ開設後、観客動員数も好調なのもいいですが、なにより日本バスケのレベルが上がってきてるのが本当にうれしい。

スマホでもカクつくことが少ない

バスケットLive(ライブ)は回線良好

バスケットLive(ライブ)の回線は非常に良好です。使ってみたけど回線が悪いというライブ中継もありますが、バスケットライブはカクつきが少なく見る事ができます

回線の状態に合わせて画質も調整してくれますので、ストレスなく見る事ができますよ。

バスケはスピードが命だと思っています。テクニックなどの繊細な動きが個人的には見たいので、スポーツの動画中継には最適な回線ともいえます。

スマホやタブレットで見れる

スマホやタブレットでバスケ日本代表の試合が見れる

CS放送では、テレビやパソコンなどでしか見る事ができませんが、バスケットライブではスマホやタブレットで見る事ができます

これは何気にうれしいんですよね。外出先でも気軽に見れますし、バスケ好きな仲間と一緒に盛り上がりながら見る事ができるようになっています。

現時点では、パソコンやテレビでは見ることはできません。

スマホやタブレットを持っていると外出先でも気軽に見ることができます

見逃し配信もある

バスケットLive(ライブ) 見逃し配信

ライブ中継で一番うれしいともいえる、見逃し配信

スポーツって何回も見たいプレーありますよね。それが見逃し配信で見れる。これが最高。

一秒も無駄にできずに見れるのはバスケットLive(ライブ)の特徴でもあります。

CS以外でBリーグの全試合が見れるのはバスケットLive(ライブ)とDAZNだけ

バスケットLive(ライブ)では、Bリーグの試合が全て放送されています。

今までバスケの試合はCS放送がメインに行っていました。

バスケットLive(ライブ)のおかげで、手軽に見れるようになってきています。今後もソフトバンクが力を入れていくこともあり、コンテンツは更に充実していくと予想されます。

試合だけでなく、ハイライトや特集も見れます

忙しい人でも、ハイライトがあるのでその日の試合を解説付きで見ることが出来ます。

試合を全部見るのが苦手という人にうれしい一番の注目したポイントを見る事ができます。

FIBAワールドカップの見どころ

FIBAワールドカップのみどころ
  • Bリーグの有力選手が一つに
  • 八村塁選手、ニックファジーカス選手の日本代表入り
  • バスケ日本代表にとってプロリーグ開設後初めてのワールドカップ
  • 長身選手相手に小柄な日本人がどう攻めるのか
  • 東京オリンピックに直結する大会

Bリーグが開設されて初めてのワールドカップということになります。

日本バスケ界はこれまで明るい道ではなかったです。

日本での環境も整い始めている今だからこそBリーグで培った力が見たいと思っています。

日本選手も成長しているってところを見せて欲しい。

東京オリンピック出場もかけた大会ともいえる、FIBAワールドカップの動画中継を見れるのは貴重です

OFFICIAL SITE

DAZNの詳細はこちら

FIBAワールドカップ2次予選の放送日程【最新版】

FIBAワールドカップ2次予選放送日程 対戦カード
2018年11月30日 日本 カタール
2018年12月3日 日本 カザフスタン

今回のワールドカップがネット中継として見れるようになったのは、Bリーグと協賛しているバスケットLive(ライブ)とDAZNがあったからこそと思っています。本当に感謝したい。

今見たいと思っても、期間内に退会すれば無料で見る事もできる非常にユーザーにとってもうれしいサービス内容になっています。

どのライブ中継も追加料金なく全て見放題で配信されます

終わった試合の見逃し配信もしていますよ。

FIBAワールドカップ地区2次予選結果

1次予選突破本当におめでとうございます。

2次予選の結果については、結果がわかり次第更新していきます。

2次予選リーグバスケ日本代表選抜メンバー

日本代表メンバー
  • ニックファジーカス  (C / 川崎ブレイブサンダース)
  • アイラブラウン (PF / 琉球ゴールデンキングス)
  • 渡邊 雄太 (SF / Memphis Grizzlies)
  • 田中 大貴 (SG / アルバルク東京)
  • 篠山 竜青 (PG / 川崎ブレイブサンダース)
  • 比江島 慎 (SG / Brisbane Bullets)
  • 馬場 雄大 (SF / アルバルク東京)
  • 竹内 公輔 (PF / 栃木ブレックス)
  • 竹内 譲次 (PF / アルバルク東京)
  • 川 孝敏(SG / 琉球ゴールデンキングス)
  • 辻 直人 (SG / 川崎ブレイブサンダース)
  • 満原 優樹 (PF / サンロッカーズ渋谷)
  • 鎌田 裕也 (PF / 川崎ブレイブサンダース)
  • チェンバース アキ (SF / 千葉ジェッツ)
  • 熊谷 尚也 (SF / 大阪エヴェッサ)
  • 市岡 ショーン (PF / レバンガ北海道)
  • 宇都 直輝 (PG / 富山グラウジーズ)
  • 西川 貴之 (SG / シーホース三河)
  • 張本 天傑 (SF / 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
  • 富樫 勇樹 (PG / 千葉ジェッツ)
  • ベンドラメ 礼生 (PG / サンロッカーズ渋谷)
  • 太田 敦也 (C / 三遠ネオフェニックス)
  • 安藤 周人 (SG / 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
  • 高橋 耕陽 (SG / 滋賀レイクスターズ)

八村塁選手は出場しませんが、渡邊 雄太選手は出場するかもしれません。

予備メンバーでの招集となったので、もしかしたら出場するかもしれません。

最後に

バスケットLive(ライブ)とDAZNのおかげで、気軽にスポーツが観戦できるようになり、本当にうれしいですしこういう大会こそバスケが好きな人にとって見たい気持ちになりますね。

バスケットLive(ライブ)とDAZNでは見逃し配信や追っかけ配信をしているので途中からでも大丈夫ですよ。

世界レベルに日本がどのぐらい通用できるのか。絶対見ておきたい試合です。

OFFICIAL SITE

DAZNの詳細はこちら

今回の試合は、DAZNでしかネット中継していませんので、注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください