スキクエ

知りたい情報を追求していくそんなブログ

MENU

Amazonで高評価のモバイルバッテリーをコスパでランキング【容量別】

こんな記事もよく読まれています1.ミニスーパーファミコン名作ソフトランキング!予約開始日、概要まとめ
2. Amazonプライム会員にFire端末やKindleは必要?買い時を調べてみた

どうも!すきまです。

みなさんモバイルバッテリー持ってますか?

最近はアプリや動画の見過ぎで、充電が半日しかもたなくなってきました。

いざという時に充電がなくなると本当に困るんですよね。

 

でも、モバイルバッテリーってどれがいいのかさっぱりわからない。

ていうか、性能はどれも割と変わらない気がするので、僕の選ぶ基準はトータルでのコスパと重さです。

 

後の評価は、Amazonでカスタマレビューが高ければエントリー可能です。

 

モバイルバッテリーなのに重くてかさばったら持ち歩きたくなくなるので、重さも重要ですよね。

 

容量は用途によって変わるので、容量別にどの製品がコスパがいいのかで比較してみました。

 

 

ってことで、Amazonカスタマーレビューが高くて、コスパが最強の人気なモバイルバッテリーを厳選してみました。

 

下記の目次をクリックするとその項目まで飛ぶことができます。

 

 

今回のモバイルバッテリーランキングについて

モバイルバッテリー ランキング

ジャンル別にトップ5でまとめてみました。

信頼性や耐久性の面では、Ankerの製品がダントツ人気のため、このランキングから除外しました。

ただ、気になる!!って人のために特別枠として評価させていただいています。 

 

評価ポイント

  1. コスパ(1円当たりの容量)
  2. 1gあたりの容量
  3. 価格
  4. 軽さ

これらの点を総合的に評価して、ランキングにしています。

20000mAh以上のスペックをもったモバイルバッテリー部門

スマホ充電回数に関しては、やはり容量の大きさですね。容量の大きさがあればあるほど、充電回数も増えます。こちらは大容量で何回も充電した人向けの商品です。重さは大体400~500gとなっています。

こちらの充電回数は平均として7~8回となっています

 

こちらの製品はこんな人にいい!

  • 充電を何回もする
  • スマホだけでなくタブレット端末も持ち歩く人
  • スマホは数台持ちである

 

1位:Poweradd Pilot X7

Poweradd Pilot X7 モバイルバッテリー

コスパ(1円当たり6.53mAh): ★★★★★
1gあたり容量(37.60g): ★★★★★
価格(2299円): ★★★★★
軽さ(399g): ★★★★★

 

マイナーメーカーが1位となる結果。

容量率が高いのか、非常に多い充電回数も持っています。

そして、なんといっても、コスパが最強!

1円当たりの容量は6.53mAhとなっており、他を寄せ付けないコスパとなっています。

暗いところでも使えるように、LEDライトもついている商品。

大容量サイズにしては、軽く399gってのもgoodポイント。

 

 

この価格で2年保証までついているなんてもはやチート級の商品です。

 

 

2位:RAVPower 携帯充電器22000mAh

RAVPower 22000mAh モバイルバッテリー

 

コスパ(1円あたり4.39mAh): ★★★★
1gあたり容量(34.43g): ★★★★
価格(3280円): ★★★★
軽さ(418g): ★★★★

 

1位の製品に比べるとややコスパに劣ります。といっても、十分充電できるためこちらもランクインさせていただきました。

出力もバケモノ級なため、同時充電してもスピード充電が可能となっている。性能としては、素晴らしい。

重さは、418gであるため、持ち運びにも便利。

スタイリッシュでおしゃれ感もあり。

ただ、1円単位で見た時の容量4.39mAhとなっており、1位の商品とは差があるため、2位にランクイン。

 

 

 

3位:RAVPower 携帯充電器RAVPower 26800mAh

 

RAVPower モバイルバッテリー

 

コスパ(1円当たり容量4.62mAh): ★★★★
1gあたり容量(35.36g): ★★★★★
価格(3480円): ★★★★★
軽さ(455g): ★★★★★

 

2位の上位互換モデルです。1g当たりの容量の高さもありランクインしました。

なんといっても容量の大きさがあるため、スマホの充電回数もやはり多いですね。

実用量率は60.04%となっていますが、元々の容量が多いため充電回数はかなり多いです。

性能は文句なし!!容量がでかい!!

ただ、重い!!

 

 

4位:EC Technology 22400mAh モバイルバッテリー

EC Technology モバイルバッテリー

 

コスパ(1円当たり容量4.78mAh): ★★★★
1gあたり容量(29.39g): ★★★★★
価格(2899円): ★★★★
軽さ(472g): ★★★★★

 

1円当たりの容量に関しては、4.78mAhと少しコスパが落ちるが総合的に見ると4位にランクイン。3つのポートもついていて多数の端末を同時に充電できることが可能です。

1年保証がついているため、品質にも自信があるのでしょう。

 

 

 

5位:cheero Power Plus3 Premium

cheero Power Plus3 Premium

 

 

コスパ(1円当たり容量3.44mAh): ★★★★
1gあたり容量(32.74g): ★★★★★
価格(3580円): ★★★★★
軽さ(463g): ★★★★★

 

コスパは、やや劣りますが、日本製のセルを使っているため、安心です。

価格等を上位の製品と比べると高くつく感じがやはりします。

 

 

番外編:Anker PowerCore 26800

Anker PowerdCore 26800

 

 

コスパ(1円当たり容量2.77mAh): ★★★★
1gあたり容量(34.38): ★★★★★
価格(5999円): ★★★★★
軽さ(484g): ★★★★★

 

モバイルバッテリーといえばAnkerの製品というぐらい超人気商品。こちらの商品は高速充電にも対応しています。

何といっても、ブランド力は半端ない。値段設定もやはり高め。ただ、値段に見合う性能は人気の高さからもうかがえます。独自の技術での性能特化しているのはやはりAnkerだけと言えます。

コスパよりも、性能や耐久性と信頼性などを考えたらやっぱりこの製品になりますね。

 

 

10000mAh~15000mAhのスペックを持ったモバイルバッテリー

 10000mAh~15000mAhのモバイルバッテリーは、充電回数はスマホで3~5回となっています。価格帯も1000円台のものも多くあるため、非常にリーズナブルに購入することが出来ます。

 

  • ポケモンGOなど電池使用量が大きいアプリをスマホでする人
  • スマホを数台もっている
  • タブレットをたまに持ち歩く人

 

 

1位:Kinps モバイルバッテリー210g10000mAh

f:id:sukimadayo:20170804041154p:plain

コスパ(1円当たり容量5.75Ah): ★★★★★
1gあたり容量(29.36g): ★★★★
価格(1199円): ★★★★★
軽さ(235g): ★★★★★

 

このサイズのコスパ最強はKinps社のモバイルバッテリー210g10000mAh製品

ismart2.0出力自動判別により、接続された機器に適した電流を送るため、超高速充電できるのが非常に魅力的。

1年保証もついていて安心ですね。

機能性も抜群によいこのサイズでの最強のコスパと言える。

 

 

 

2位:Poweradd Pilot 2GS

 

f:id:sukimadayo:20170804041325p:plain

コスパ(1円当たり容量5.75mAh): ★★★★★
1gあたり容量(31.08g): ★★★★★
価格(1399円): ★★★★
軽さ(259g): ★★★★★

 

出力電流が1.0Aと2.4Aなため、高速充電も可能となっています。

Poweraddの製品はコスパでいえば、選んで損はしないと思います。

2年保証もついているので一安心ですね。

 

 

 

3位:KuGi モバイルバッテリー 10000mAh

KuGi モバイルバッテリー 10000mAh

 

コスパ(1円当たり容量3.26mAh): ★★★★★
1gあたり容量(30.56g): ★★★★
価格(1999円): ★★★★
軽さ(213g) ★★★★★

 

Qualcomm Quick Charge3.0技術(要約すると充電が早くなる技術)により、充電機能が非常に高いのがいい点。

スマホとタブレットを同時に充電きたりといい点が多いですね。

容量に対する値段は少し高めですが、それでも十分に安い。

軽さと充電回数の多さとしっかり機能性も出せれている。

 

 

4位:cheero Power Plus3 13400mAh

 

cheero Power Plus3 13400mAh

コスパ(1円当たり容量3.25mAh): ★★★★★
1gあたり容量(33.79g) ★★★★
価格(2580円): ★★★★★
軽さ(248g): ★★★★★

 

製品の質にこだわりを持っているため、電池には高品質のものを使っています。

軽さに対して容量が多くなっています。ほぼすべてのデバイスにも対応していて使い勝手は良い方です。

ただ、他のものとは少し値段が高めとなっています。

 

 

5位:PLATA モバイルバッテリー10000mAh

 

PLATA モバイルバッテリー10000mAh

 

コスパ(1円当たり容量3.09mAh): ★★★★★
1gあたり容量(26.31g): ★★★★★
価格(2078円): ★★★★
軽さ(244g): ★★★★★

SANYO製のバッテリーを使用していて高品質さがウリの一つとなっています。

価格も手を出しやすい製品です。特にブランドにこだわりがなければ上位の製品を選んだ方が無難ですね。

 

 

 

特別枠:Anker PowerCore 13000

 

Anker PowerCore 13000

コスパ(1円当たり容量2.94mAh): ★★★★★
1gあたり容量(34.48): ★★★★
価格(2799円): ★★★★★
軽さ(239g): ★★★★★

Anker製品はコスパが低いと思いがちですが、このサイズのAnker製品に関してはコスパも優れています。

価格が他のものに比べて高めに感じますが、相応に容量も高くなっています。

 

 

10000mAh未満のスペックのモバイルバッテリー

 充電回数は1~2回とどの製品も大差はないですが、コスパはどうなのでしょう?10000mAh未満のスペックのモバイルバッテリーは軽くて小さいというのが一番の利点です。一日はもたないから少しだけって人におすすめの製品です。

  • 充電回数は1~2回
  • 持ち運びに困らない
  • タブレットは使わない

1位:Poweradd Slim2

Poweradd Slim2

コスパ(1円当たり容量3.11mAh): ★★★★★
1gあたり容量(30.59g): ★★★★
価格(1199円): ★★★★★
軽さ(122g): ★★★★★

iphone2回分の充電回数であり、自動的に危機を検知してフルスピードで充電をしてくれる優れもの。

軽さ、容量、使いやすさどれをとっても一級品です。

最強コスパはPoweraddで決まりかもしれません。

 

 

2位:RAVPower モバイルバッテリーRAVPower 6700mAh

RAVPower モバイルバッテリーRAVPower 6700mAh

コスパ(1円当たり容量2.55mAh): ★★★★
1gあたり容量(32.30g): ★★★★★
価格(1599円): ★★★★
軽さ(126g): ★★★★★

RAVPower独自技術のiSmart技術によって、最適な電流を自動で選んでくれるので高速充電可能。

そして、18ヶ月の保証期間もついているため、損はしないはずです。

小型でも、容量が大きめなのがいいですね。

このサイズで2回充電できるものは中々ないので2回充電したい!って人におすすめです。

 

 

3位:cheero Power Plus 3 6700mAh

 

cheero Power Plus 3 6700mAh

 

コスパ(1円当たり容量2.03mAh): ★★★★★
1gあたり容量(31.13g): ★★★★
価格(1980円): ★★★★★
軽さ(129g): ★★★★★

日本製のSanyo/Panasonic製のセル(本体の電池)を使っているため、安心に使えるのは間違いなしです。

もちろん、1年保証付きです。

上位の製品には負けますが、十分な性能を持っています。

ただ、すごい安いのか?というところはなく、日本製のセルってとこが安心できるので安心さをメインに考える人はおすすめできますね。

 

 

4位:EATBE モバイルバッテリー6000mAh

 

EATBE モバイルバッテリー6000mAh

 

コスパ(1円当たり容量1.83mAh): ★★★★★
1gあたり容量(28.74g): ★★★★★
価格(2000円): ★★★★★
軽さ(127g): ★★★★★

 

高級感もありますが、品質にもこだわり日本製の電池を使用しています。

保証が一年ついて、この値段は大変お得。コンパクトさと持ちやすさが一番ではないでしょうか。

 

 

5位:Reacher クッキーサンド型8000mAh モバイルバッテリー

 

Reacher クッキーサンド型8000mAh モバイルバッテリー

 

コスパ(1円当たり容量2.44mAh): ★★★★
1gあたり容量(26.55g): ★★★★★
価格(1980円): ★★★★★
軽さ(182g): ★★★★★

 

超個性のモバイルバッテリーですが可愛さがウリだけでなく、性能もいいんですよね。

ただ、デザインに偏り性能はいまいちな所。

 

 

特別枠:AnkerCore Slim 5000

 

AnkerCore Slim 5000

コスパ(1円当たり容量1.38mAh): ★★★★★
1gあたり容量(28.68g): ★★★★
価格(2499円): ★★★★★
軽さ(120g): ★★★★★

 

薄型で選ぶならこのAnker製品が一番だと思います。

コスパで選ぶならやはり他の商品になりますね。

 

 

特別枠:Anker PowerCore 5000

 

Anker PowerCore 5000

 

コスパ(1円当たり容量1.71mAh): ★★★★
1gあたり容量(24.43g): ★★★★★
価格(1899円): ★★★★★
軽さ(133g): ★★★★★

 Anker製品の中では、コスパに優れている製品になっています。

スリムさは同製品のSlimモデルには劣りますが、その分コスパに優れているそんな商品となっています。

 

 

コスパで厳選したモバイルバッテリーまとめ

正直にいってコスパでいえば、どの製品を見てもPoweraddの製品が一番おすすめですね。

Anker製品はコスパよりも、急速充電機能や耐久性、信頼性といった点で他の製品に比べて人気です。安心して使いたいならやはりAnker製品になるのではないかと感じます。

以上、モバイルバッテリーのコスパ比較でした。