どこよりも詳しい動画配信サービス比較はこちら

iBuddyはアイコス越え?比較した時に見たiBuddyの凄さを徹底レビュー

巷でかなりいいと噂されている『iBuddy i1』ですが、半年前程から売り出されてかなり品薄になっている人気商品です。これで、アイコスを吸っていたのですが・・・

これは、gloとアイコスを足して2で割っている印象。

互換モデルって結局思ってたのと違うってなるのが多いのですが、この『iBuddy i1』はもはやアイコスを超えるかもと思いました。提供品といっても今ではアイコスから『iBuddyi1』にメインが変わりそうです。

今回は、『iBuddyi1』と『アイコス』との比較をしながら、おすすめな点と気になる点を徹底的にレビューしていきたいと思います。

今回の『iBuddyi1』はベプログ様より商品提供していただきました。本当にありがとうございます。

そして提供品だとしても、良い点だけでなく気になる点も合わせてレビューしていきたいと思います。

この製品が届いてからアイコス本体がサブになりました。かなりいいです

iBuddyはアイコス越えと感じたその理由

iBuddyi1

iBuddyのここがいい!
  • アイコスではなしえなかった連続吸いが可能
  • 吸いごたえ抜群の16パフを実現
  • 味にムラがない
  • 匂いはアイコスよりしない
  • 持ち運びに便利な小型設計

アイコスでは、手の届かなかったアイコスのデメリットを解決してくれるのがiBuddyと思っていただいてもよさそうです。

僕自身は、味にムラがでにくくヒートスティックの差しムラがないのが一番のメリットに感じました。後述しますが、差しムラのせいで何本も無駄にしてきたことを考えるとかなりお得感がでそうです。

ベプログ公式サイト

iBuddyの詳細はこちらから

iBuddyi1スターターキットの内容

iBuddyi1スターターキット

  • iBuddy本体
  • クリーナー用綿棒
  • 充電用ケーブル
  • 説明書(日本語あり)
  • 専用掃除ブラシ

一つ残念なのは、充電用アダプターがないことですね。USBがさせるものであれば充電できるので基本的には代用可能です。ごちゃごちゃしていないので、基本的には充電したら既に使用できるようになっています。

料金は8980円(税込み)となっていて、アイコス(10980円)より若干安くなっていますね。

iBuddyi1ではアイコスでできなかった連続吸いが可能

iBuddyi1は連続で吸うことが可能

iBuddyi1 アイコス
可能 不可
6本まで 不可

これが、一番のメリットであると思っています。

正直にいってアイコスではチェーンスモーキングができないので忙しいビジネスマンや休憩時間の短い人にとって一番アイコスに変えたくない理由の一つではないでしょうか?

iBuddyでは、6本連続で吸うことが可能となっています。アイコスに変えた時に一番に思ったのが連続吸いができないことがかなりストレス。僕は仕事の休憩時間が短いので、これは本当にありがたい要素。

友人も連続で吸えないからgloにしたと言っていましたが、gloはその代わりに吸える時間が短いんですよね。

iBuddyi1はアイコスと違い本体のみで吸える

iBuddyi1はgloと似ている

こちらのiBuddyi1では、本体に差し込み喫煙を楽しみようになっています。iBuddyはアイコスと違って、gloのように本体のみで喫煙が可能なんですよね。

充電方式のアイコスでは、アイコスホルダーがちゃんと入っていなくて上手に充電ができておらず、吸いたいときに吸えないという状況がありますよね。

この悩みをとっぱらったiBuddyに魅力を感じています。

吸いごたえがある

iBuddyi1 アイコス
パフ数 16回 14回
稼働時間 5分20秒 6分
充電満タン時 約20本 約30本

吸える回数に関しても、iBuddyがパフ数で上回っています。16回吸えるだけでなくて、味が薄くなりにくいです。

微妙な差ですが、稼働時間はアイコスの方が長いです。まったりゆっくり吸えるのはアイコスと感じますね。

そこまで気にならないのですが、個人的な雑感としては、ゆっくり吸いたいならアイコス。ムラなく吸えるのはiBuddyですね。

味にムラがない

アイコスを吸った時に感じる。一本一本味と吸いごたえが異なる。割とイライラするんですよね。iBuddyにはそれがほぼないです。

味に村がない理由としては、加熱ブレードに秘密があります。加熱ブレードの形状が全く異なるんですよね。

後述しますが、ヒートスティックを見てもらったら分かるんですけど、加熱ムラがありません

温度が低い関係か、アイコスと比べると少しマイルド感が出ていますがそれほどの大差なく美味し異様に感じます。

味にムラがないのはiBuddyのブレードとアイコスブレードを比較すると分かる

iBuddyのブレードは円状になっているのに対して、アイコスのブレードは横長となっています。これにより。ヒートスティックを中からまんべんなく暖めることができるようになったからであると考えられます。

iBuddyi1

iBuddyi1加熱ブレード
iBuddyで吸ったヒートスティック
iBuddyi1

iBuddyi1であると、円状のブレードのため中心から全体に熱が通るのが想像できます。そして、アイコスではあった差しムラがないです。これがかなりうれしいポイント。

【アイコス】

アイコス加熱ブレード
アイコスで吸ったヒートスティック
アイコス
アイコスでは横長な加熱ブレードのため、全体に熱が通らないためムラが出ると想像できます。

煙量はアイコスに比べ少なめだが、スカスカ感は少ない

煙量に関しては、アイコスよりは少ないです。ただ、喉へのキック感は吸っている間保たれている印象にあります。煙量に関しては、温度の問題があるため、少しアイコスに比べ少ないように感じます。

しかし、煙量が少ないから喉へのキック感がすくないかと言われたらそうでもないように感じます。逆に匂いがあまりしないので個人的にはおすすめポイントの一つに感じていますね。

どうしてもアイコスは匂いの点では紙巻よりも劣るとはいえ、独特の匂いが苦手という人でもiBuddyi1はそこまで気になりません。

持ち運びに便利な小さく軽量設計

iBuddy アイコス glo
重さ 70.5g 120g 100g

とにかく軽い。本当に軽くてかさばりにくいです。

そして、小さいですね。ポケットに入れるのに本当にかさばりにくいサイズになっています。

iBuddyi1は小さい

※見比べてみても分かるように、かなり小さいです。

こちらの方がわかりやすいですね。

iBuddyi1大きさ

あえていうデメリット

ここが気になる点
  • キャップを付けて欲しかった
  • 保証期間は90日間
  • 充電時間が長い

キャップがないので、カスが出るのが気になります。基本的には、吸い終えた後差し込み口を簡単に下にやることで問題は出ていませんが、改善点があるとしたらキャップがついていたら良かったということですね。

アイコスに比べiBuddyは充電時間が長い

iBuddyi1 アイコス
2時間~3時間 1時間半~2時間

それほどの時間の変化ではないですが、少し気になりますね。ただ、パワーとしてはそこまで変化はないです。

保証期間は90日

保証期間はアイコスと比べると見劣りする90日となっています。しっかり保証期間が設けてあるところはさすがですね。アイコスはかなり壊れやすいです。実際に、5回も『アイコスの交換』をしてもらっています。

iBuddyi1に関しては、まだ使い始めなので壊れていませんがアイコスよりかは壊れにくい印象。

加熱ブレードもしっかりしていて、本体のみで稼働できるので、アイコスより壊れるリスクは低いという印象です。

iBuddyi1はこんな人におすすめ

iBuddyi1はこんな人におすすめ!
  • アイコス連続吸い(チェーンスモーク)したい人
  • アイコスを買いたくても買えない人
  • アイコスでの差しムラが気になる人

iBuddyi1の良さは、アイコスと味が変わらず連続で吸えて、なにより味にムラが少ないという事だと思っています。正直いって、アイコスより優秀な面の方が多いように思います。ただ、保証が気になるって人はやはりアイコスの方がいいと思いますね。

最後に

今回紹介した『iBuddyi1』は、ベプログショップで販売されています。

ベプログショップには、iBuddyi1だけではなくて、プルームテックの代用品として使える『Eleaf i Care140スターターキット』もありますよ。VAPEをこれから使いたい人にもおすすめのものです。

電子タバコには色んな製品が出てきているので、本当にこれからも楽しみが増える。

ベプログショップさん本当に良い製品をありがとうございました。

ベプログ公式サイト
iBuddyの購入はこちらから

※喫煙は20歳からなので20歳以上の人だけ買えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です