どこよりも詳しい動画配信サービスの比較はこちらから

【Amazonファーマシー】第一類医薬品が買える!手続き簡単で忙しい人におすすめ

みなさんは、Amazonファーマシーって知っていますか?

なんと、2017年4月からAmazonで第一類医薬品が買えるようになっています。

医療費が莫大に膨らむ中、ドラッグストアやネット通販で第一類医薬品が買えるようになっています。国の最大の問題として挙げられている医療費の削減に向けて第一類医薬品がどこでも買えて、種類も増えていくような流れになってきそうですね。

Amazonファーマシーとは

Amazonファーマシー

ファーマシー(pharmacy)とは、和訳すると『薬屋』『薬局』と訳されます。名前の通りAmazonの薬局と言えます。

まだ、サービスが始まったばかりといえど、続々と商品が増えています。そして何といっても、第一類医薬品は薬剤師に確認を取ってから発送するので、24時間注文が可能です。今まで、仕事で忙しくしている人や店舗が遠くて中々買いにいけない人でも購入しやすくなっているのが最大の利点ともいえます。

Amazonファーマシーで購入する際の手続き

第一類医薬品を販売する店舗では、必ず薬剤師の説明が必要になります。通販ではどうなのか?と気になるところですが、こちらも手続きが必要になります。

この手続きはサイト毎に異なるようで、手続きがかなり面倒な所も・・・。めんどくさいの好きじゃありません。なので、買う時はなるべくめんどくさくない方法を取るようにしたいですね。ってことで調べてみた。

実際に商品を買う手続きは?

Amazonファーマシーの手続きの流れ

実際に商品を購入する時の手続きの流れとしては、いつもとちょっと違います。

対象の商品をカートに入れた後このような画面が出てきます。Amazonファーマシーで買える

年齢以外はチェック形式なため、簡単にチェックが行えます。医薬品によっては、使用期間などを記載しなくてはいけませんがそれでも簡単です。

第一類医薬品の説明

各薬の作用や副作用が細かく記載されているので、読んで理解された方は質問がありませんをチェックして、気になることがあれば『薬剤師への質問があります』をチェックすると、注文確定後に薬剤師からメールが届くようになります。

その後の流れはいつも通りに進むだけです。割と簡単に購入までたどり着けます。手続きが少ないのもメリット。

他のECサイト(ネット通販サイト)では、項目数が多かったり後からメールが来るといったことがあるようです。僕はそういうのは望んでいないので、第一類医薬品を通販で買うなら、Amazonファーマシーでいいかなと感じました。

Amazonファーマシーで買える商品は?

【2017年7月20日に記事を書いています】

ロキソニンS

痛みの救世主のロキソニン。セルフメディケーションも適用されているので、領収書は必ず取っておくようにしてください。節税になりますよ。

ロキソプロフェン

ロキソプロフェンはロキソニンのジェネリック医薬品になります。こちらは合わせ買い対象商品です。

リアップ

最近抜け毛が気になるようになってきた僕も買う時が近づいてきた。

ガスター10

胃薬の定番のガスター10。マジでこれにはお世話になってる(暴飲暴食はやめましょう)。

その他商品

その他の商品は、男性・女性ホルモン調整剤や禁煙補助薬などが売られています。どれも、気になるけど薬局では買いづらいし顔を合わせて説明を受けにくい商品もあります。メールで薬剤師とやり取りできることもメリットですね。

その他の商品はこちらから

Amazon.co.jp: 医薬品・指定医薬部外品 – 第1類医薬品: ドラッグストア

Amazonファーマシーの残念な点

Amazonファーマシーの残念な点に関しては、やはり値段ですね。店舗で買うよりも高く設定されている印象にあります。

Amazonダッシュボタンの時もそうですが、通販となると配送料が関わってくるのでどうしても単品購入が多くなる医薬品ですから値下げが難しいのかもしれません。

Amazonファーマシーのまとめ

  • 忙しく店舗に行けない人
  • 薬剤師とメールでやり取り可能
  • 手続きが簡単
  • 普段聞けないような質問もメールで出来る
  • 値段は店舗より高め

2017年4月から始まったAmazonファーマシーですが、これから伸びるかどうかは正直に言ってわかりません。

こちらのサービス自体は、忙しくて店舗に行けない人コミュニケーションが苦手で聞きたい事も聞けないような人にとっては非常に良いサービスになっていると感じます。

徐々にサービスを拡大するAmazonですが、次はどのようなサービスを展開してくるか非常に楽しみです。

Amazonダッシュボタンが気になる人はこちらの記事をどうぞ!

FireTVStickが気になる人はこちらの記事をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です