どこよりも詳しい動画配信サービス比較はこちら

Amazonのマーケットプレイスの選び方。マケプレ詐欺で個人情報がとられます

どうも!すきまです。

マーケットプレイスって知ってますか?

一時期詐欺の問題になったやつです!

でも、中古で安く買えるからいいんじゃない?って思うでしょ。

返金してもらえたから大丈夫ではないんです

悪徳業者にひっかかったらもうアウトなんです。

個人情報が引き抜かれて、悪用されてしまいます

じゃあどうやって選べばいいのかな?

って思ったので今回は調べて見ました!

2017年12月8日(金)18:00~2017年12月10日(日)23:59までAmazonでは『サイバーマンデー』が実施されています。

Ankerのような有名ブランドのマーケットプレイスもセールに出ますので、注目ですね。

今回のサイバーマンデーでも、マーケットプレイスが出品しますので、Amazonマークをついているものを中心に選ぶようにしたらマケプレ詐欺に会いにくいですよ。

サイバーマンデーの詳しく書いた記事はこちら↓

Amazonサイバーマンデー
【サイバーマンデー2017】Amazon年末セールの目玉商品情報一覧【まとめ】

Amazonのマケプレとは?

Amazon マケプレ

個人・法人問わず、Amazonのサイト上に商品を販売できるといった仕組みです。

もちろん、安く販売している業者や個人も多く、転売目的のものもあったりと多様な出品者がいますね。

1円~出品が出来て、中古品やそこそこ安い値段で新品をゲットできるのが、特徴。

決済はAmazonが代行してくれるから、誰でもいつもと同じ感覚でAmazonで購入できるってのがメリットですね。

ポイントは、『この商品は○○が販売しています』と表示されているのはマケプレです。

マーケットプレイス詐欺とは

マケプレ 詐欺

通称マケプレ詐欺ですが、もう聞いただけで恐ろしくなります。

2017年4月25日にツイッターのつぶやきで『Amazon』『詐欺』のツイート数がおそよ9000件近く寄せられた問題です。

商品は届かず、個人情報が抜かれるといった立派な詐欺です。

マケプレ詐欺の流れの一例

Amazonユーザー『このイヤホン定価2000円なのに、500円で売ってる!しかも、残り1点だって?早く買わねば(使命感)』

ポチっ!

詐欺業者『この製品は今日中に届くでゲスよ。しかも、安いでゲス。』

Amazonユーザー『おっ予定より早い!安いし、うれしい!』

詐欺業者『すみませんが、無かった事に・・・返金はちゃんとしますから!』

Amazonユーザー『返金されるならまあいっか。』

数日後

Amazonユーザー『あそこのマケプレ本当に安かったからまた商品探そう!』

・・・店がない

レビュー『このマケプレに騙された』

レビュー『詐欺だぞこれ』

Amazonユーザー『・・・(ゾッ)』

~その頃~ 

乗っ取られたアカウント『こちらにもいい商品アルヨ!』

他のユーザー『ここ安いやんけ!』

ポチッ!!

後日

Amazonユーザー『・・・身に覚えのない商品が取引されてる』

その後個人情報が抜き取られ1日に何十~何百件も勝手に取引をされる。

Amazonは返金などの保証はしてくれますが、個人情報は抜かれたままとなるという恐ろしい詐欺です。

この個人情報を使って、自分のアカウントで詐欺をされたりと非常に悪質なものとなっています。

Amazonのマーケットプレイスの選び方

こんな業者に気を付けよう!!

  • 価格が相場よりかなり安い
  • 価格が少しだけ低額
  • 新規出品者
  • 商品の品ぞろえがやたら豊富
  • プライムマークがない
  • 発送元が日本ではなく海外

以上の6点があったらまず怪しいと思った方が良さそうです。

その中でも気を付けるべき点は、価格が相場より安い・新規出品者の2点です。

新品の価格が定価よりかなり安いとその時点で怪しさ倍増です。

評価が少ない業者に関しても、マケプレ詐欺業者の場合があります。

評価は同業者がしている場合がありますので、しっかり見るようにして見てください。

Amazonのマケプレで購入時の対策

それじゃあ購入する時どうすれば?

ただ、この出品者への評価に関しては、いじれるみたいなので最新の評価をチェックして見てください。

出品者が日本であっても配送元が海外である可能性もあります。

一番安全なのは、プライムマークです。

そして、少しでも怪しいと思ったら出品元を調べてみましょう。

Amazonがマケプレ詐欺に対して行った対策

社長自ら言及を2017年5月に行っていたでの、かなりの厳戒態勢になるのは間違いないでしょう。

セキュリティの問題から名言は避けていますが、いずれにしても早いうちにマケプレ詐欺は少なくなると思います。

ただ、この手の問題はそう簡単にはなくなりません。かなり長い間続くと思います。

Amazonのマケプレの選び方まとめ

AmazonのEC市場は日本最大となっています。もちろん時価総額でもTOYOYAの3倍といえばかなり高いことが想像できると思います。

そして、マケプレ詐欺撲滅のためにAmazonが何らかの行動をしてくることは間違いないと思われます。

健全な方法でマーケットプレイスを利用し、取引をされている業者も沢山いますので全てが詐欺ではありません。

ですが、この一連の流れで廃業となったマケプレ出品元も多くあるので、穏やかな話ではないです。

個人情報は自ら守るという術を今回は提示してみました。これからも、しばらくは続くこの問題に引っかからないようにみなさんも注意して見てくださいね。

Amazonマケプレ詐欺に会う前にしておこう

Amazonに限った話ではないですが、通販サイトに絶対に必須なクレジットカードはみなさんは何を使っていますでしょうか?

現在では、『AmazonPay』や『ApplePay』などで個人情報の一元化がされようとしています。

その中でもクレジットカードの情報を抜かれたらたまったもんじゃありません。

個人的には、三井住友カードがセキュリティ面において、かなり優秀であると思います。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友カードはセキュリティ重視
  • 不正利用の監視(ICチップ付き)
  • なくしても安心の顔写真付きクレカ
  • モニタリングと会員保証付き

なくしたとしても、モニタリングと会員保証により不正利用を受けた場合に保証がついています。また、偽造困難なICチップもついているので安心。

無くしたとしても顔写真が入っているので、不正利用を未然に防いでくれる。

三井住友カードはセキュリティに力を入れている

三井住友VISAクラシックカード

今なら最大7000円のキャッシュバックが2017年12月28日まで

最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンをしています

三井住友カードの公式サイトはこちらから

セキュリティ面で心配な人にとって三井住友カードは、Amazonやショッピングでメインに使うのにかなりいいクレカです。

まだ作成していない人には、期間限定でキャッシュバックが増えているのもいいですね。

マケプレ詐欺だけでなく、ショッピングにも危険はつきものですから、気を付けてお買い物してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です