スキクエ

知りたい情報を追求していくそんなブログ

MENU

AmazonPayってなに?|もはやECサイト全てに導入されるのでは?

こんな記事もよく読まれています1.ミニスーパーファミコン名作ソフトランキング!予約開始日、概要まとめ
2. Amazonプライム会員にFire端末やKindleは必要?買い時を調べてみた

どうも!すきまです。

AmazonPayって知ってますか?

 

最近のAmazonの勢いに怖さを感じています。

恐らく日本の小売り業界はこのままだと、かなりの勢いでつぶされる予感しかしません。

 

もうね、怖い。

日本大丈夫?がんばれ!

 

でも、しょうがない。

それぐらい札束で殴り合っている世界なんだから資産ある方がそりゃ伸びる。

 

そんな小売り業界を我が物にせんとする、縮図ともいえるAmazonPayって知ってますか?

AmazonPayとは?

AmazonPay

Amazonのアカウント情報でほかのサイトにログインできたりするサービスのことを言います。

 

これってよく考えたら、Amazonの傘下に下ったってことかな?

確かに会員登録って本当にめんどくさい。

 

Amazonの市場規模が大きいから確かにこのやり方だと入会しやすいですね。

 

AmazonPayのメリットは?

  • ショッピングサイトに会員登録しなくてもよい場合がある
  • Amazon以外のポイントも貯まる
  • クレカの情報はAmazonが管理してくれる

以上の3つですが、これだけ見ると確かに便利だ。

この簡易さがAmazonが伸びていることにもつながっているのだと思います。

 

ショッピングサイトに会員登録は不要の場合がある。

クレジットカード 不要

ショッピングサイトの全てではないですが、会員登録が不要でむっちゃ便利。

 

もしも会員登録が必要であった場合でも、配送先やクレカの情報はAmazonPayアカウントが保持していることになるので、簡単に登録ができるようになっています。

 

Amazon以外のポイントも貯まる

ポイント 貯まる

Amazon以外のポイントも貯まってくれるのでかなりお得な内容。

ただ、これには注意点もあります。

 

こちらは、ショッピングサイトに会員登録した場合のみ得られるポイントとなっています。

 

会員登録不要のサイトでポイントが欲しい場合は、会員登録して個人情報を打ち込まないといけないみたいですね。

 

クレジットカードの情報はAmazonが管理してくれる

Amazon

一番の利点だと思いますが、クレジットカードの情報が他に出回らないというのは本当にメリットだと思っています。

 

今となっては、個人情報の流出って珍しくもなんともないですよね。

一応クレジットカード自体に保険がついているといっても、個人情報が流出したら光の速さで悪用されますから、管理に注意が必要と感じます。

 

特にオンライン不正保険に入っているクレジットカードなら安心だと思います。

 

AmazonPayを使えるショップ

AmazonPay ショップリスト

引用:注目のサイト | Amazon Pay

 

アパレル関係や、食品、パソコン・家電関係も抑えていています。

詳しくはこちらのサイトから Amazon Payから確認できますよ。

 

公式サイトみたら、1000以上のサイトでAmazonPayが使えるってやばい。

今後も、かなりの数が増えていくと思います。

 

Amazonのパワー怖い。 

AmazonPayをおすすめできる人・できない人

  • 会員登録がめんどくさい人
  • Amazonのアカウントを持っている人
  • クレジットカードの情報を多数登録させたくない人
  • Amazonが嫌いな人

一番の利点は、会員登録不要で個人情報を登録しなくていいってことですね。

ユーザー視点からいったらマジで便利じゃないですか?

 

AmazonPayまとめ

僕は、記事の内容としては、Amazonの事を書いていますがちょっと怖くなってきますね。このままだと日本のEC市場、全部奪われそうな気がします。

 

僕は、通販サイトではAmazonを利用することが非常に多いのでこれはうれしいサービスと単純に思っています。

 

これから、AmazonPayの登録サイトはますます増えるでしょうから、Amazonアカウントは作った方がよさそうですね。

 

ってこれもAmazonの罠かもしれないな。