どこよりも詳しい動画配信サービスの比較はこちらから

Amazonのプライムビデオの視聴する方法は多様!デバイス別機能って何?

みなさん連投でAmazonのことを書いていますが、どのようにAmazonプライムビデオを見ていますか?僕としては、パソコンもしくはPS4で見ています。

ラインナップも豊富で見たいと思える作品が多いのも特徴的です。

ってことで、気になるデバイス別の機能に調べてみたよ。

Amazonビデオの主な機能はこちらです

f:id:sukimadayo:20170703051126p:plain

  • ストリーミング時の画質
  • ダウンロード
  • 購入
  • 機能制限
  • 字幕
  • ウォッチリスト
  • オートプレイ
  • 5.1オーディオ

この点が各デバイスにより異なるようですね。

ストリーミング時の画質

まぁでもSDでも凄いキレイですよ。

ほら

f:id:sukimadayo:20170627051436p:plain

出典:reゼロから始まる異世界生活

ストリーミングの画質には、SD、HD、UHD、HDRがあるみたいです。

言ってしまえば画素数の問題です。詳しい情報は、さておき分かりやすく比較すると

8K(SHD:超ウルトラキレイ)>4K(UHD:ウルトラキレイ)>HDR(スーパーキレイ)>HD(キレイ)>SD(うちのテレビ)

ってことですね。最近の科学の発展には驚きます。8KとかHDRとか聞いたことありませんでした。さぞかしキレイなんでしょうね。

ダウンロード

ダウンロードできるのとできないでは使いやすさが全く違います。

特に無制限のwifiなんてなかったら外出先で2時間分の動画を見るだけで、なんと通信量1.3GBもかかってしまいます。

そんな通信量を気にせずに使えるのが、このダウンロードです。ダウンロード機能に対応していないと、外出先では少し見るのに躊躇してしまうと思います。

購入

こちらは、Amazonプライム会員特典の見放題以外の作品を購入もしくはレンタルが可能かどうかってことですね。

機能制限

購入してしまうのを防いだりする機能ですね。これは何気に大事です。Amazonビデオでは1クリックで変える機能がついていたりするので、子供が見ている時にあっという間に購入している場合もあります。

f:id:sukimadayo:20170702080857p:plain

まずは、必ずPINコードの設定をしましょう。せっかくの無料見放題を台無しにしてしまう可能性があります。

f:id:sukimadayo:20170702174218p:plain

購入品を見てしまいそうになっても、購入時のPIN入力をonにすることを忘れないでください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonビデオの機能制限の設定はこちらから

字幕

f:id:sukimadayo:20170703051645p:plain

出典:13日の金曜日

字幕はまんまです!

ウォッチリスト

f:id:sukimadayo:20170703052013p:plainウォッチリストは、見たい作品をリストに入れておくと探す手間が省けます。

意外に探すのが時間がかかったりするので、これはおすすめです。

オートプレイ

オートプレイは見ている話が終わりそうになると、勝手に次の話まで飛んでくれます。これって地味に助かるんですよね。

5.1オーディオ

まぁ言ってしまえば自分の周りに均等にスピーカーを置いて臨場感が楽しめるってやつだと認識しています。

なので、映画の臨場感を味わいたいならスピーカーもあった方がいいんでしょうね。

5.1オーディオ高い。

Amazonアウトレットでいいものないかな?

Amazonプライムビデオの視聴方法

  • パソコン(ウェブサイトでのストリーミング)
  • Amazon Fire TVおよびFire TV Stick
  • Fire タブレット
  • iosデバイス
  • Androidデバイス
  • ゲーム機

このデバイス別で機能が違うのがあるみたいです。言ってしまえば全てのデバイスで見れるようになっているみたいですね。ただ、デバイスにより機能は違うみたいです。

注:どのデバイス共通して機能制限、字幕、ウォッチリスト、オートプレイは共通して扱えます。

パソコン(ウェブサイトでのストリーミング)

画質は、SD、HDとなっていて比較的にキレイに映ります。

パソコンの主な欠点といえば、ダウンロード再生が行えないことです。ってことは、ネット環境がないと動画は見れないです。

また、音響にうるさい人も5.1オーディオがいいと思いますけど、残念ながら対応しておりません。

Amazon Fire TVおよびFire TV Stick

こちらは、画質はUHDまで対応しています。キレイな画質のテレビで大画面で見たい方はこちらのデバイスが良いのでしょうね。ダウンロードは不可となっています。

Fireタブレット

画質はSD、HDとなっています。ダウンロード再生も可能です!やったぜAmazon製のタブレットさん。あんだけ安くてもちゃんと機能性が備わっているのでしょうね(きっと)。

5.1オーディオにも対応しています。このタブレットでできないことは機能はないようです。

Kindle Fire(第二世代)

画質はSDとなっているため、画質重視で見る人はあまりおすすめできません。

また、5.1オーディオにも対応していないため、やはりAmazonプライムビデオというか動画向きではありませんね。

そりゃそうだ、なんてたって書籍用だからね。

iOSデバイス

こちらは、購入や5.1オーディオで見れません。そして、ダウンロード再生もSDのみになるみたいです。

Androidデバイス

最新の機種では、Amazonビデオアプリの最新版でUHD、HDRおよびHDの画質見る事が可能となっています。ただ、スムーズに再生するには回線速度3Mbps以上が必要となるみたいです。ネット環境の見直しが必要みたいですね。

ゲーム機(プレイステーション)

ダウンロードはできませんが、画質はSD、HDの対応となっております。手軽にみれそうですね。

総括

やはり、各デバイスで優遇されているとはいえ、そこまで遜色のないデバイス別の機能でしたね。

テレビで画質や音響など全てキレイに見たい

Fire TV Stick

Amazon Fire TV

 

このAmazon製の二つのデバイスが良いかと思われます。

やっぱり優遇されていますね。

ダウンロードしてみたい

タブレット、モバイル系(iOS、アンドロイド)がおすすめです。

音響なんかあまり関係ないって人は、手軽に見れるタブレット系がいいのではないでしょうか?

Fireタブレットの買い時に関してはこちら

Amazonプライム会員にFire端末やKindleは必要?買い時を調べてみた

まとめ

各デバイス別でそれぞれに機能が特化するという印象より、それぞれで全然問題なく見れるような仕様となっています。

要は、どのデバイスでも見れて万能ですってことですね。そこから、こだわりがある人はデバイスもこだわれば尚良しってことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です