どこよりも詳しい動画配信サービスの比較はこちらから

Amazonプライム会員にFire端末やKindleは必要?買い時を調べてみた

Amazonプライム会員になると、Amazonデバイスが安く買えるってみなさんご存知ですよね?

でも時期によって値段が変わるんですよね。

特にプライムデーやサイバーマンデーの時なんかに当たると本当に安く買えます。

こちらは、AmazonプライムデーやサイバーマンデーではAmazonプライム会員のしか参加できません。

Amazonプライム会員まだなっていない人はなった方がかなり生活がはかどります。

参考

Amazonプライム会員を公式サイトで無料体験してみる。Amazon公式サイト

そもそも、会員特典半端ない。

年会費3900円であの特典って他のサイトが勝てないのも無理はないです。

正直Amazonプライム会員になっていると節約にもつながります。

Fireタブレットもその中の一つですね。

ただ、それだけじゃないんですよね。

Amazonプライム会員にとって、Fireタブレットは4000円引きされるということもあり、非常に人気な商品なのは知っています。

買い時を知っていればAmazonデバイスがかなり安く商品が買えるようになっています。

Amazonデバイスが欲しい人は、プライム会員になるとそれだけで年会費の費用はカバーできますね。

買い時は何といっても、AmazonプライムデーとAmazonサイバーマンデーです

今回は、Amazonプライム会員に加入するとかなり安く買えるようになるAmazonデバイスがどれだけ安く買えるか比較してみたいと思います。

【2017年8月20日記事修正・Fire端末・Kindle端末情報追加】

Amazonプライム会員にFire端末やKindleは必要?

Amazonプライム会員

Amazonプライム会員の最大のメリットはAmazonプライムビデオを無料で見られる点とAmazon製のデバイスが安く買える点です。

年会費は3900円で月額でいえば、325円。

そして、2017年6月から月額払い400円でも入れるようになりました。

Amazonを利用しているなら、Amazonプライム会員になる必要はあると思います。

他にも配送料が無料となったり、お急ぎ便などのメリットも利用できるため本当にお得なAmazonプライム会員特典がたくさんあります。

Amazonプライム会員の特典を活かせるのがAmazon製のFire端末やKindleだと思います。

今回は、Amazonプライム会員の特典を最大限に活かせるAmazonデバイスの紹介とAmazonに今後追加されると予想される製品の紹介をしたいと思います。

Amazonプライム会員が安く買えるAmazonデバイスの紹介

  • Fire7
  • FireHD8
  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Paperwhite(マンガバージョン)
  • Fire TV Stick
  • Dash Button

これだけのAmazonデバイスが安く買えるようになっています。

これだけでもAmazonプライム会員になる必要性を感じますね。

特にFireTVStickについては持ってない人は、買ってみたらその有用性を感じると思います。

Amazonタブレットのコスパ最強Fire7

f:id:sukimadayo:20170819061732p:plain

普通に買うと、普通のタブレットの値段になります。

普通ですね。本当に普通なんですよ。

ネットサーフィンに使うのであれば少し不便さは出ます。

Amazonプライムビデオをタブレットで見るという点に関しては、何の問題もなく作動します

正直この価格でこの性能は見たことない。

タブレットがどんなものか?というのが分かると思います。

ただ、がっつり使いたい人向けではないですね。

Fireタブレットはこんな使い道

  • Amazonプライムビデオを見るだけで使うならFire7
  • 軽くて持ち運びに超便利
  • 安くてタブレット端末としてはコスパ最強
  • ネット利用やアプリは処理速度が遅い
  • 画質はやはり悪い

一言紹介:Amazonプライムビデオ専用のデバイス

Fire7の価格の比較

通常 ¥8,980
プライム会員限定 ¥4,980(ビデオクーポン¥770付)
Amazonプライデー ¥3,480
Amazonサイバーマンデー ¥3,480

これ、安すぎると思いませんか?

Amazonプライム会員限定クーポンを使うと4980円ですが、ビデオクーポン770円ついてきます。

特に安く買えるのは、セールの時です。

3000円台で手に入るタブレットなんて見たことない。

これだけ安いと、保証に入るよりセールで買いなおした方が安いレベルになります。

Amazonプライムデーを逃した人はサイバーマンデーでも同様の値段で売ってますね。

買い時はAmazonプライム会員限定のセールの時が一番いいですね。

現在の価格をチェック

Amazonタブレットで一番おすすめのFireHD8

FireHD8

Fireタブレットの中で、値段と性能を見てみると一番のおすすめはFireHD8です。

値段自体もFire7とそこまで変わりません。

僕は、Fire7を持っていますが、今更ながらFireHD8を買えばよかったと後悔しています。

やっぱり、画質は大事。これに尽きる

この性能で破格的な値段のタブレットはみたことないです。

  • Amazonの利点を最大に利用できる
  • 動画を見ても画質がHDだから気にならない
  • コスパが最強
  • バッテリーの持ちが最高
  • 持ち運びには重さを感じる

一言紹介:Fireタブレットで画質を求めるならFireHD8

FireHD8の価格の比較

通常 ¥11,980
Amazonプライム会員限定 ¥7,980(ビデオクーポン¥770付)
Amazonプライデー ¥5,980
Amazonサイバーマンデー ¥5,980

Fireタブレットを買うなら、こちらもプライムデーやサイバーマンデーのようなセール時に買うと、大分安く買えるのが分かります。

やはりAmazonプライム会員になる必要性は大有りだと考えますね。

通常の時でも、Amazonプライム会員限定クーポンを利用すれば4000円+770円クーポンでかなりお得な結果になってます。

現在の価格をチェック

電子書籍を安くて見たいのならKindle

Kindle

Kindleの利点は屋外でも、気軽に本を読めるデバイスなことは知っていますね。

電子書籍を見る時に一番いいですね。

ただ、これにはバックライトがついていないんです。

Kindleにバックライトついていないのはかなりの欠点になっています。

  • 屋外でも使いたい人におすすめ
  • とりあえず電子書籍リーダーを使ってみたい
  • 価格が最高に安い
  • バックライトがない
  • 画質は微妙

一言紹介:あまりおすすめしません

Kindleの価格の比較

通常 ¥8,980
プライム会員限定 ¥4,980(ビデオクーポン¥770付)
Amazonプライデー ¥3,480
Amazonサイバーマンデー ¥3,480

Kindleは価格帯も安いけど、やはり安いなりの理由がありますね。

使った感じでは、やっぱりKindlePaperwhiteがいいです

現在の価格をAmazonでチェック

電子書籍を快適に見たい!って思える人におすすめなKindlePaperwhite

KindlePaperwhite

もうね、このKindlePaperwhite神すぎる

利便性やメモリ数などどれをとってもパーフェクト。

まさに電子書籍リーダー随一の機能性を持っています。

マジでこれがあったら言う事なし。

  • 電子書籍リーダーといえばこれを使えば問題なし
  • 性能や価格、使い勝手全てにおいてコスパ最強
  • バックライトもついていてKindle端末で一番
  • マンガを見るならマンガモデルがいい

一言紹介:Kindleを買うならKindlePaperwhite

KindlePaperwhiteの価格の比較

通常 ¥14,280
プライム会員限定 ¥10,280
Amazonプライデー ¥6,980
Amazonサイバーマンデー ¥6,980

この性能でこの値段って反則に近いです。

特にセール時ではかなり安く手に入ります。

使った感じも文句なし。性能も価格でも一番といっても過言ではありません

現在の価格をAmazonでチェック

マンガをタブレットで見るなら超おすすめなKindlePaperwhite(マンガモデル)

KindlePaperwhite マンガモデル

タブレットでマンガを読むならこれ一択といっても過言ではない商品ですね。

マンガのために作られた電子書籍ってないですよね。

このKindlePaperwhite(マンガモデル)は、それほどいいんだ。

  • マンガを電子書籍で見るならこれ一択
  • タッチパネルの出来が最高にいい
  • 読むストレスがなくサイズ感もいい

一言紹介:マンガを読むために作られたのはこのKindlePaperwhite(マンガモデル)だけ

KindlePaperwhite(マンガモデル)の価格の比較

通常 ¥16,280
プライム会員限定 ¥12,280
Amazonプライデー ¥8,980
Amazonサイバーマンデー ¥8,480

大セール時以外でも4000円引きで購入できる、KindlePaperwhiteですがこちらも非常におすすめ内容になっています。

買い時はやはりAmazonプライムデーサイバーマンデーか?

現在の価格をAmazonでチェック

持ってて絶対損はしないFireTVStick

Fire TV Stick

テレビをほとんど見なくなるぐらい我が家で活躍中のFireTVStick。

Amazonプライム会員最大のメリットと言われているAmazonプライムビデオを見るならこちらの製品がかなりおすすめです。

設定簡単、使い勝手良し最高すぎる。

悪い所が見当たらない。

FireTVStickは買ってよかったと思える最高のデバイス

  • Amazonプライムビデオをテレビで見る時に超便利
  • 持ち運びも簡単
  • 価格や性能も値段以上

一言紹介:Amazonプライム会員をお得に使うなら絶対必要

FireTVStickの価格の比較

通常 ¥4,980
プライム会員限定 ¥4,980(ビデオクーポン¥770付)
Amazonプライデー ¥3,480
Amazonサイバーマンデー ¥3,480

安すぎ。

普通に買っても、770円のクーポンがついているから全然変わらないです。

とりあえず、FireTVStickは必須です。

それほど、便利!

現在の価格をAmazonでチェック

定期的に商品が届く次世代Iot機器AmazonDashButton

Amazonダッシュボタン

次世代機能のAmazonダッシュボタン。

使ってみたらかなり便利ですけど、使い手は限られます。

こちらも取り扱いの製品がかなり増えています。

今後も普及していくと思われます。

  • 価格の割に超高性能
  • とにかく便利
  • 実質無料でかなりお得
  • 時間がある人は店舗に言った方が安い
  • 時間指定に手間がいる

一言紹介:使う人は限られます

AmazonDashButtonの価格の比較

通常 Amazonプライム会員限定
プライム会員 ¥500(実質無料)
Amazonプライデー ¥100(500円分割引)
Amazonサイバーマンデー -(発売以降開催されていません)

一回使ってみたら、使うかどうかわかると思います。

実質無料なので、使ってみると利便性が分かります。

無料最高!!

ちなみにAmazonプライムデーで購入した際は、100円で購入して商品から500円分割引適用となります。まさに錬金術。

現在の価格をAmazonでチェック

超便利なAmazonプライム会員を無料で体験できます。公式サイトから

今後Amazonプライム会員に追加されると予想デバイス

次に今年もしくは来年あたりに発売が予想される、Amazonデバイスについても調べてみました。なんといっても、Alexa搭載の商品が今後は軸になってくると思われます。

米Amazonでもかなり売れた商品が多く、いずれAmazonプライム会員限定商品になるのもありそうですね。こちらは、安くなる時に分かればお伝えしていこうと思います。

Alexa音声認識『Amazon Echo』

AmazonEcho

値段 179.99ドル
機能 Alexa搭載により多様
サイズ 235㎜×84㎜×84㎜
重さ 1045g
発売日 2014年11月6日

米Amazonで発売された日は2014年11月6日となっています。

『Hey,Siri』『OK,Google』の対抗として搭載された、音声認識システムAlexaを搭載したAmazonEChoです。

Amazon Echo 

このAmazonEchoは、超有名で2017年の米Amazonプライムデーでもっとも売れた商品となっています。

Amazonレビューでの評価は軒並み高く、高評価となっているこの商品。

実際にレビュー動画や実機で使っている動画を見てみると、本当に近未来的な要素がてんこ盛りな印象。

これはうれる(うれてるけど)!って思いましたね。

日本での発売日に関しては、かなり有力な情報では2017年内(個人的には今年だとサイバーマンデーが怪しい)には発売か?という話題も上がっています(公表なし)。

値段は高めの179.99ドルとなっていますが、米Amazonの発売当初は100ドル割引の79.99ドルとなっています。

米AmazonではKindleを超える人気の製品のため、かなり売れそう。

Amazonプライム会員だと、割引価格が適用されるのは間違いないので、手に入れたい製品です。

FireタブレットやKindle端末などで行われているAmazonプライム会員限定割引など優遇措置があると思われます。

Amazonが搭載している音声認識機能『Alexa』とは

Amazon Alexa

Amazonが開発した人工知能のことで、音声を認識していろいろなことをしてくれる超最先端な機能ですね。

目指しているのは『スマホの次』ということで気合の入り方が違うような感じがします。

この端末、スキルがあるみたいでアップデートにより、レベルアップしていくシステム。

ハンパない機器だと思いません? 

 例えば

Alexa,ドミノピザの○○を頼んで』なんて言うと実際に配達される仕組みにアメリカではなっている。

Alexa,今日のニュースは?』なんて言うとその日に起こったニュースを言ってくれる。

Alexa,この曲を聞かせて』なんて言うと音楽ストリーミング機能によって音楽をかけてくれたりします。

使いこなしたら、デブ真っ盛りですね。こんなん家の中で動かなくなりますよ。

健康にとてつもなく悪い。コミュニケーション能力も落ちそう。

でも欲しい、使ってみたい

 Amazon Echo Dot

Amazon Echo Dot

値段 49.99ドル
機能 Alexa搭載により多様
サイズ 32㎜×84㎜×84㎜
重さ 250g
発売日 2016年3月31日

AmazonEchoのスピーカーがないものとなっており、外部のスピーカーとBluetoothや有線でつなげることで作動するようです。

スピーカーがない分値段も安めなので、リーズナブルな商品となっています。

スピーカーは持ってるから、Alexaだけ欲しいって人はこっちがおすすめだと思われます。

発売はAmazonプライム会員限定となっているのにも関わらず売り切れ。

そして、一人2台までとかいう制限付き。

アメリカでは需要がある機器なんだと思いますね。

FireTVで言ったら、FireTVStickの方が売れてますもんね。

確かに、機能があまり変わらないってことは安い方が魅力的。

結論AmazonEchoよりEchoDotの方が欲しい

Amazon Tap

Amazon Tap

値段 49.99ドル
機能 Alexa搭載により多様
サイズ 159㎜×66㎜×66㎜
重さ 470g
発売日 2016年3月31日

Amazon Echoのポータブル仕様となっていて、充電式で持ち運びが可能なものです。

機能は、ほとんどAmazonEchoと変わらず。

AmazonEchoは常時電源がついているのに対して、Tapすることにより電源のOnOff可能

これってAmazon Echoの最大のメリットである、いつでも聞けるというのを取っ払ってしまっています。

こちらを買うのであればAmazonEchoかAmazonEchoDotがいいんじゃないかな。

持ち運ぶにも、でかいし重たいのも難点の一つではないのかなと思います。

カスタマーレビューでは割と高評価なので、実際に使っている人は何かしらのメリットも感じる点はあると思います。

 これは、いらない

5%還元クレジットカ―ド『Amazon Prime Rewards Visa Signature Card』

f:id:sukimadayo:20170808171054p:plain

日本では、最大2.5%ポイント還元されるAmazonゴールドカードがありますが、こちらのクレジットカードは最大5%還元されるというもの。

Amazonのヘビーユーザーなら是が非でもほしいカードだと思います。

ポイント還元ってバカにできません。

気付いたらたまってるなんてこともあるので、現在Amazonゴールドカードを使っている方はこちらに乗り換えされる方が増えそうなクレジットカードだと思います。

レシピを質問できる『Amazon Dash Wand』

f:id:sukimadayo:20170808171401p:plain

こちらの優れものは、商品をバーコードで読み込んだり、話しかけるとレシピを提案してくれるAlexa搭載の機器。

こちらも、Amazonプライム会員限定のサービスとなっています。

AmazonDashWondは上図のように、バーコードリーダー機能を有しています。こちらを利用して、その食品で出来るレシピを言ってくれる機能でした。

しかし、売れなかったみたい。

AmazonEchoでAlexaが好評となったために、追加機能として音声認識システムを導入したのが最新モデルのAmazonWondです。

Amazon Dash Wond

Alexa搭載により音声だけで、レシピ、食品の注文、栄養素含有量など調べられるようになり新モデルとなった。

なお、カスタマーレビューはあまり高くない。

Amazonプライム会員になる必要性

AmazonはAlexaを搭載したことにより、スマホの次を目指しています。

恐らく今後も続々と日本に新規参入してくると予想されますね。

Amazonならではの、設定の簡易さやコスパを考えるとAmazonプライム会員になる必要性は断然ありだと考えます。

まだAmazonプライム会員に登録していない方は、無料体験が30日間ついています。どのようなサービスがあるのか?利点はどうなのか実際に試してみないとわからないことがたくさんあります。

Amazonプライム会員の無料体験はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です