どこよりも詳しい動画配信サービスの比較はこちらから

ゲームを子供と一緒にしたい|子供と遊びたいサンドボックス型ゲーム

子供にゲームを買ってみた

f:id:sukimadayo:20170605061137j:plain

子供にゲームを買うなんて悪影響だ!なんて思う人もいるかもしれませんが、実は脳にとって非常にいいみたいです。特に、作業記憶に関連する前頭葉の機能の強化にも役立つのでは?と浅い考えのもと思い付きだけでゲームと買ってみた。

元々ゲーム好きな僕が持っているハードは、3DS、VITA、PS4、PSPです。任天堂系の据え置きハードも欲しいです(スプラトゥーンやりたい)。

ただ、買うだけではダメなので、少し考えながらできるゲームを買ってみたいと思います。子供は作るのが大好きなので、作る系でいえばサンドボックス系のゲームがいいなって思ったので上がった候補は、3つあります。

  • ドラゴンクエストビルダーズ
  • マインクラフト
  • レゴシリーズ

ドラゴンクエストビルダーズ

f:id:sukimadayo:20170604154920j:plain

竜王の罠によって勇者が姿を消し、魔物に支配された世界・「アレフガルド」を冒険し、素材を集めて、町やお城を創り・復興する「ブロックメイクRPG」という新しいテーマの『ドラゴンクエストシリーズ』。

ファミリーコンピュータ版『ドラゴンクエスト』の終盤では、最終ボスの竜王がプレイヤーに対して仲間になるように勧誘するイベントが発生し、拒否すると竜王との最終決戦になるが、逆にプレイヤーが竜王の誘いにのるとゲームオーバーになってしまう。本作『ビルダーズ』はこのイベントで勇者が竜王の誘いに乗ってしまったために闇に包まれ、荒廃したアレフガルドのその後を描く。

スライムやドラゴンといった初代『ドラゴンクエスト』に登場したモンスターだけでなく、新たに竜王の配下になったという設定で他のシリーズ作品からもモンスターが登場する。

荒廃したアレフガルドを再建しつつ、竜王討伐を目指す「ストーリーモード」と、知られざる島で自由にモノづくりを楽しむ「フリービルドモード」の二つのモードがあり、後者はストーリーモードクリア状況により解放される大陸から素材を入手したりバトル島で特別なモンスター軍団と戦ってレシピを得たりできる他、ネットワークに繋ぐことで他プレイヤーが作った建物をやりとりできる。

公開された情報からは『ドラゴンクエスト』版の『Minecraft』(マインクラフト)的なゲームになるのではないかと推測するメディアもあった。

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ – Wikipedia

ストーリーモードの他に、フリービルドといったゲーム内で得た素材をもとにお城や建物を造りアレフガルドを復興するといった明確な目的と自由性があります。

鳥山明先生のキャラクターやドラクエのBGMは何といってもその世界に引き込まれるように魅力的です。ストーリーは大変分かりやすいみたいで子供向けなのでは?と思ったので候補にあげました。

一人ではなく、親子でのゲーム教育の一環としても役立つのでは?と思ったからです。

小さい子でも親と一緒にやればできるはず。

マインクラフト

f:id:sukimadayo:20170604162640j:plain

このゲームの世界は主に立方体のブロックで構成されており、プレイヤーはそのブロックを自由に設置・破壊できる。地上には道具等の素材となる木々が茂り、地下には松明の材料やかまどの燃料となる石炭の他さまざまな鉱石などが埋蔵されていて、それらを使うことによりMinecraft上で徐々に良い生活ができるようになっていく。

基本的には何をするも自由で、ボスとして設定されているモンスターは存在するものの、それを倒すことを最終目標にする必要はなく、プレイ目標はプレイヤーの意志に委ねられる。

リソースパックやスキンを自作、または配布されているものを導入することでアイテムやブロック、プレイヤーの外見を自由に変えられる

Minecraft – Wikipedia

言わずと知れた名作マインクラフト。今まで、僕は触ったことはないがですけど、非常に自由度が高いゲームと言われています。

よくはわかっていないのですが、プログラミングのツールがゲーム内にあって、レッドストーン回路と呼ばれるものを使って様々な仕掛けを作れるものがあるみたいです。

東京都の中学校ではマインクラフト教育版を教育の一環として、授業で行っている所もあったそう。これには驚きです。

ストーリーやゴールなどもなく遊び方も設定が自分次第、これが長くヒットしている要素なのかもしれませんね。

そして、関連商品も多々出ています。

レゴシリーズ

f:id:sukimadayo:20170604162801j:plain

 ついに登場、サンドボクス型ゲームの大本命『LEGO(R) ワールド』。この世界ではすべてがレゴ (R) でできている。建物はもちろん、木や海、雲といった自然まで、本物のレゴ (R) ブロックさながらの美しい色と光沢で再現。想像力の働くままに、君好みの世界を作り出そう! ゲームを進めてアンロックするキットを使えば、豪華なお城だって簡単に建てられる。もちろん、より本物らしさを求めて一ブロックずつの組み立ても可能。

子供が大好きなレゴ。そんなレゴをゲームにした試みさすがです。すべての世界をレゴで作るといったもの、世界観も子供にとっては取り組みやすそうな感じです。

今更ながらドラクエビルダーズを買ってみた

f:id:sukimadayo:20170605061000j:plain

ということで今更ながら、ドラゴンクエストビルダーズを買ってみた!

マイクラと最後まで迷ったけど、ドラクエビルダーズにしてみました。

発売してからもう一年半前になってるんですね。

このような、自由度が高いゲームは非常に私は苦手なのですが、長男や次男にとっては自由度が高いからこそいいのでは?と思いました。

キャラクターなどがあるほうが長男も取り組みやすそうだし、なによりストーリーモードがあるため目的にそって行動しなくてはならないことも必要だと感じました。

今までは、ゲームをあんまりさせない方向に考えていましたが、深く考えずにやりたいことをさせてあげればいいんじゃね?って楽観的に物事を考えようとしてみたからです。

街づくりとか武器とか防具とか仕掛けを作れるとかワクワクしません?

そして、レゴブロックやパズルですごい能力を発揮する我が子にはぴったりなのでは?と思いました。大人だけでなく子供でも遊べるとレビューで書いていたので、とりあえず買ってみました。

長男と次男は誕生日になったので、家族からのプレゼントとは別で僕個人からのプレゼントです。

何でもそうですけど、悪影響があるとか細かい事を気にしていたら、行動できないしそこは教育の一環として親が付いてれば大丈夫じゃないのかな?

元々ゲームやアニメ好きなインドア派な僕としてはいつか子供と一緒にゲームをやりたい夢がありましたし、これが子供の為になるのなら一緒にやりたいって思います。

ただ、やる前にはルールブックを作らないといけないかなって思います。好きなことは好きなだけやればいいけど、寝食は最低限守らないといけないし物に当たる習慣がある長男には、最低限のルールを知ってやってもらおうと思います。

かんちゃく起こさずにできるか心配だけどとりあえずやってみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です